グループホーム普及事業

グループホーム創出による
障がい者支援事業

障がい者グループホームとは

グループホーム

障がいを持つ方が、地域で自立した生活を送るため数人で共同生活を送るための「住まい」です。
障がい者の方は、保護者の元を離れこのグループホームにてサポートを受けながらl共同生活を送っています。
平成25年4月に発行された障碍者総合支援法において
国は障がいを持つ方が、地域社会における共生の実現に向けて隔離された入所施設の定員数を減らし、地域社会への移行を進めることでグループホーム創出を後押ししています。

社会的な課題を解決したい

全国の障がい者認定数(2019年現在)

9,600,000人

全国の障がい者認定数は9,600,000人

グループホーム供給率

6%

グループホーム供給率は6%

障がいを持った方は、日本全国で960万人。
全国のグループホーム供給戸数はそのうちわずか6%しかありません。
全国で圧倒的にグループホーム供給数が足りていないのが現状です。

「親亡き後問題」
超高齢化社会といわれる現在、老老介護や認認介護が話題となりますが、この問題は障がいを持った方やその親御様にも例外ではありません。
障がいを持つ子どもを抱える家庭にとって、両親がその子の将来を支えることが出来なくなった時の漠然として不安を持たれています。
株式会社R-JAPANは、この社会的な課題に向けてグループホーム創出事業を開始致しました。

この社会的問題を解決したい

谷 和之

この度、新型コロナウイルス感染症に罹患された方々には謹んでお見舞い申し上げますとともに、一日も早いご快復を心よりお祈り申し上げます。
当社(株)R-JAPANは、大阪市北区の地域密着・総合不動産会社です。 これまで五千件のお取引きに携わることができたのも、ひとえに皆さまのご支援の賜物です。
当社には毎年、何千人という方がご相談にいらっしゃいます。中には心身に障害を持つ方がお住まいを探されるケースも珍しくなく、むしろそういったご相談は年々増えているという実感さえあります。そんなある日、“障がい者のお住まいが足りない”という社会問題を、知人の経営者を通じて知りました。「総合不動産会社として我々にできることはないか?」と考えた末、障がい者のお住まい普及促進させる専門の部署を立ち上げることを決意しました。
当社はこれからも、地域に密着したサービスで皆様との信頼を築いてまいります。
今後とも皆様のご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

担当者紹介

担当者:置山 大弘

株式会社R-JAPAN
グループホーム企画チーム
リーダー

置山 大弘

総合不動産業の強みを活かして、障がい者の皆様の「お住まい」を提供すべく、グループホーム普及事業を企画しております。
弊社は福祉事業者様のグループホーム開設についてのご相談や運営面でのアドバイス、土地オーナー様や地主様の土地活用に関するアドバイスまで、幅広くお手伝いさせて頂きます。

お困りの際はなんなりとご相談下さい。

「日中サービス支援型グループホームの収益構造と運営基準」
オンラインセミナー開催予定!

7月16日 7月17日 7月18日
全日程17時より配信予定

参加応募は下記アンケートフォームよりお願いいたします。

総合不動産の強みを活かし、
運営事業者様の悩みを解決します

豊富な土地情報

豊富な土地情報
総合不動産の強みを活かし、土地オーナー様との交渉や投資家様と連携を取り、希望地域での開設を目指し全面的にバックアップ致します。

利用者様のニーズに沿った物件の提案

利用者様のニーズに沿った物件の提案
経験豊富な提携企業と連携し、障がい者の方々が自由で快適な生活が送る事の出来る物件をご紹介します。
もちろん、改正消防法もクリアしています。

多様なバックアップ体制

多様なバックアップ体制
相談から、実際の開設までお困りごとは何でもご相談下さい。
関係部署・企業様と連携し最適な解決方法を導き出します。

弊社提携先施工会社様紹介

安心、安全で健やかな
住環境をご提案します。

弊社の提携する施工会社様はこれまで数十件のグループホーム施工を手掛けておられます。これまで培ったノウハウと経験で、利用者様のことを第一に考えた「住環境」をご提供致します。

特徴

自然素材

自然素材

自然素材の可能性、豊かさ、
美しさを活かした住環境。

ついつい裸足で過ごしたくなり、寝転べば木の匂いに包まれる…そんな杉無垢材の床をはじめ、手作業で仕上げた温かみのある塗り壁などを標準仕様。材料そのものが呼吸するようで湿気もこもりにくく、杉の森林効果まで期待できる住環境を作ります。家で長く過ごすことの多いご利用者のみなさんにこそ、体感してほしい自然素材の空間です。

安心+快適

安心+快適

夏は涼しく、冬は暖かい、
1年中快適な住空間を実現。

「快適さ」と「住まいの寿命」その両方を考えて私たちが辿り着いたのが『ダブル断熱』という工法です。「EPSパネル」という外断熱材と「セルロースファイバー」という内断熱材の合わせ技で、家にもダメージを与える結露を防ぎ、冷暖房の効果が長持ちし、燃えにくく、防音効果も高い空間が出来上がります。

頑強な構造

頑強な構造

半永久的に、新築時の
耐震性を保ち続ける建物。

構造材として防蟻、防腐効果のある薬剤を加圧注入した国産無垢材「緑の柱」を採用。公的施設にも多くの導入実績のある技術で、注入する薬剤もシックハウス症候群の原因となる物質は一切含みません。寸法の安定性から新築時の耐震性を保ち続けるのも特徴。構造部分がしっかりしていることで、将来リフォームをする際にも修理費を大きく節約できます。

高い防音性能

高い防音性能

国からも認定を受けた
防音する断熱材。

ファイバーエースの多孔性と高密度充填の施工により、車の音や話し声などの騒音を吸収し、外側から室内へ伝わる音をやわらげます。その防音効果は、アメリカで空港周辺の吸音材として使われるほど優れています。セルロースファイバーを使った遮音構造は国内で初めて国土交通省から認定を受けています。(界壁の遮音試験)

建物プラン

ムダのないシンプルな建物設計。

間取り例

  • 居室/10室 個室の広さ/6畳 定員/10名
  • 共用施設/リビングダイニング・キッチン・浴室
    共用トイレ(各フロア2ヵ所)・洗面スペース・洗濯室・脱衣室

弊社提携の施工会社様は様々な条件の土地でオーナー様の思いを叶える建物を設計してきました。生活動線を考え、各スペースが広すぎず、狭すぎず…ムダを極力省いた暮らしやすい設計にはこだわりがあります。もちろんシンプルな設計は、コストを抑えることにも繋がります。またシンプルだからこそ「素材のよさ」を感じていただけるでしょう。

  • 居室
  • キッチン
  • リビング
  • 洗面台

建物外観

充実した設備

日常生活をより快適に過ごす
ための機能性や
安全性に配慮した
設備仕様が暮らしを支えます。

消防法

第一に大事なのはスプリンクラーです。スプリンクラーは命を守る最後の砦です。火災発生時にスプリンクラーがあるのと無いのでは大きな違いが生まれます。そのスプリンクラーを標準装備しています。また、防災カーテンや自動火災報知機はもちらん装備していますが、お客様のご要望により、建て物に太陽光の設置や災害時、携帯電話の充電ステーションを設備することも可能になっております。

グループホーム開設に必要な
設備を標準装備

  • エアコン

    エアコン

  • 照明

    照明

  • クローゼット

    クローゼット

  • ドアクローザー

    ドアクローザー

  • 物干し

    物干し

  • テレビドアホン

    テレビドアホン

  • ポスト

    ポスト

  • 洗面台

    洗面台

  • 浴室

    浴室

  • トイレ

    トイレ

提携先施工会社:
D‘S PALETTE(ディーズパレット株式会社)様

「日中サービス支援型グループホームの収益構造と運営基準」
オンラインセミナー開催予定!

7月16日 7月17日 7月18日
全日程17時より配信予定

参加応募は下記アンケートフォームよりお願いいたします。